全国の地域別不倫デートスポットまとめ!人妻と出会える出会い系サイトもご紹介!

全国の地域別不倫デートスポットまとめ

「不倫デートをしたいけど、どこでデートしたらいいの?」「不倫がバレたらどうしよう……」「不倫デートを失敗させたくない」と考えてる人もいるのではないでしょうか。

不倫デートを成功させる為には、場所選びは重要です。

そんな方のために、『不倫出会いのすすめ』では全国の地域別でおすすめ不倫デートスポット、ラブホテルをご紹介しています。

誰にもバレずに不倫デートを楽しむ為に、ぜひチェックしてみてください。

全国の地域別不倫デートスポット

北海道地方

北海道(すすきの・札幌)

東北地方

青森(弘前)岩手(盛岡)宮城(仙台)秋田山形福島(福島・郡山)

関東地方

茨城(水戸)栃木(小山)群馬(伊勢崎)埼玉(大宮)千葉(西船橋)

東京都(新宿・歌舞伎町)神奈川(横浜)

中部地方

新潟富山石川(金沢)福井山梨 長野岐阜

静岡(浜松)愛知(名古屋)

近畿地方

三重(津)滋賀京都大阪(梅田)兵庫(神戸・三宮)奈良

和歌山

中国地方

鳥取島根岡山広島山口

四国地方

徳島 香川(高松) 愛媛(松山)高知

九州・沖縄地方

福岡(博多・天神)佐賀長崎熊本大分宮崎

鹿児島沖縄(那覇)

不倫デートのバレないコツ

人妻との不倫デートはスリリングで刺激的なものですが、不倫という許されない関係上、周りの人に見られたり、関係がバレてしまうのはもちろんNGです。

ここでは、不倫デートを楽しむためにもバレないコツについて解説します。

お互いの行動範囲外の場所を選ぶ

 

普段お互いが生活している場所など、行動範囲内では不倫デートをするのを避けましょう。

当然、お互いの知り合いにデート現場を見られてしまうリスクが非常に高いです。

不倫デートをする時は、少し面倒でも、普段行かないエリアなどを選んだ方が安全です。

目立たない場所を選ぶ

テーマパークや有名観光地、人気のショッピングモールなどはデートスポットには最適ですが、不倫デートには向いていません。

そのような人気のスポットでは、人出が多い分、知り合いにうっかり会うリスクが高くなります。

不倫デートでは、あえて目立たない、人の少ない穴場的スポットを選びましょう。

人妻との不倫デートを成功させるコツ

人妻との不倫デートを成功させるには、普通の独身の女性とのデートよりも工夫が必要です。

人妻に喜んでもらい、楽しい時間を過ごすためにも人妻との不倫デートを成功させるコツを確認しておきましょう。

人妻の服装や髪型を褒める

女性はデートには少なからずおめかしをしてくるものです。

そして、服装や髪型を男性から褒められて悪い気がする女性はいません。

特に、人妻女性は、若い時と比べると、男性から服装や髪型を褒められる機会があまりありません。

そんな時に、デートで褒めてもらえたらグッとくるはずです。

ただひたすらかわいい、綺麗と褒めるだけではなく、似合っているね、センスがいいね、と褒めてあげると更に喜ぶでしょう。

人妻の話を聞いてあげる

女性というのは、話を聞いてもらいたい人が多いです。

特に人妻女性は、普段は夫や決まった人としか会話する機会がなく、つまらない毎日を送っているものです。

そんな人妻女性の普段の愚痴や悩みに耳を傾けてあげれば、きっと心を開いてくれるはずです。

また、人妻の趣味や好きなものに共感したり、関心を持つ態度を見せれば、会話も弾み好感度は急上昇するはずです。

ラブホテルと普通のホテルの違い

人妻との不倫デートには、ラブホテルがよく使われます。

ラブホテルと普通のホテルが違う点は、まず誰にも合わずに入室することができることです。

ラブホテルでもフロントがあるところもありますが、従業員と顔を合わせることはありません。

ロビーで長時間待たされることもないので、知り合いと鉢合わせるリスクも少ないです。

ラブホテルによっては、入室から退室まで一切誰にも合わずに完結することもできます。

また、ガレージインタイプのラブホテルなら、車での利用がスムーズで、車を下りたらすぐに部屋に入れるので、なるべく人に見られたくない不倫デートには最適です。

普通のホテルで不倫デートをする人もいますが、地元だと人に見られるリスクが高いですし、チェックインやチェックアウトもいちいち対面式で時間がかかります。

そして、普通のホテルで部屋を利用するには宿泊が前提で、2人分の宿泊料金がかかります。

ラブホテルのように、2時間・3時間の休憩や昼間のサービスタイムなどはないので、とりあえずすぐホテルに入ってやることだけ済ませて帰る、というわけにはいきません。

このように、同じホテルと言ってもラブホテルと普通のホテルはかなり違いがあり、人妻との不倫デートにはラブホテルの方がおすすめといえます。

料金システムについて

ラブホテルの基本的な料金システムについて説明します。

ラブホテルは普通のホテルのように人数ごとの料金ではなく、部屋ごとに料金がかかります。

そして、滞在時間や、休憩か宿泊かによって料金が変わります。

料金については、曜日や時期によって変動がかりあります。

また、それぞれのプランではチェックイン・チェックアウト時間が決まっています。

チェックアウト時間を過ぎてしまうと延長料金がとられます。

30分単位で加算されるラブホテルが多いです。

また、チェックイン時間前に入室する場合には、前延長料金というものがかかります。

休憩

休憩は、多くのラブホテルでは3時間程度の滞在となります。

更に短い2時間の休憩プランがあるラブホテルもあります。

主に日中の、いわゆるセックスをする目的での短時間利用に使われます。

深夜の時間帯の休憩プランがあるラブホテルもあります。

これが普通のホテルにはないシステムといえます。

宿泊

平日か祝前日・土日祝かによってかなり料金が変わります。

また、曜日によって、宿泊のチェックイン・チェックアウトの時間が異なるラブホテルが多いです。

主に翌日が平日の日は宿泊料金が安めに設定されていて、翌日が休日の場合や、繁忙期は宿泊料金が高くなります。

フリータイム

サービスタイムとも呼ばれ、日中の決まった時間内であれば、休憩料金で長時間の滞在ができるプランです。

お得感があり、休日でも宿泊ほどは料金が割高にならないため人気です。

早朝から夕方まで滞在できるプランのあるラブホテルもあり、時間帯によって2部制、3部制になっていることが多いです。

人妻との昼間の不倫デートを満喫したいのなら、フリータイムがおすすめです。

ラブホテルの使い方

人妻との不倫デートで是非とも活用したいべんりなラブホテルですが、利用したことがない人や、慣れない人は使い方に戸惑う場面もあるでしょう。

人妻の前で戸惑うことなくスマートに利用できるよう、基本的な利用の仕方を確認しておきましょう。

ラブホテルのチェックイン・チェックアウト方法

ラブホテルのチェックインは、まずは入り口付近のパネルで部屋を選び、部屋に入った時点でチェックインすることが多いです。

中には、ロビーで鍵の受け渡しをラブホテルもありますが、最近のラブホテルはチェックアウトも自動精算機での支払いで完了できることがほとんどです。

入り口から入ったら、部屋を選ぶことができるパネルがないかをまずは確認してみましょう。

料金の支払い方法

料金の支払いでもっとも多いのが自動精算機です。

他には、フロントで現金を支払う必要のないエアシューターといものもあります。

精算機

精算機は、部屋の入り口付近に設置されています。

支払いは大抵現金・クレジットカードが可能です。

精算機での支払いを済ませれば、部屋の鍵が自動で開きそのまま退室できます。

精算した時間で料金が決まるので、チェックアウト時間を過ぎて延長料金をとられることのないように気をつけましょう。

また、精算してからもたもたしていて一定時間部屋を出ないでいると、鍵が閉まってしまい出られなくなるので、精算を済ませたら速やかに退室しましょう。

エアシューター

エアシューターとは、筒状のカプセルにお金を入れて、それを圧縮空気で従業員の元に送り届けるものです。

お釣りがある場合は同じようにカプセルに入れられて送り届けらろます。

従業員と顔を合わせることなく支払いを済ませられるというのがメリットです。